オリンピック

パリオリンピックを祝う

おすすめ展示会10選

2024年の夏にパリで開催されるオリンピックとパラリンピックに向けて、いくつかのパリの美術館や文化施設ではオリンピックやスポーツをテーマにした展示会を開催しています。

この一大スポーツイベントを最大限に楽しむために、パリのアートスポットを訪れてみませんか?

パリオリンピック・パラリンピックを祝う展示会10選をご紹介します。

目次
1.Musée du Luxembourg/リュクサンブール美術館
2.Monnaie de Paris/パリ造幣局博物館
3.Bercy Village/ベルシーヴィラージュ
4.Palais de la Porte Dorée/ポルト・ドレ宮
5.Musée du Louvre/ルーヴル美術館
6.Musée Marmottan Monet/マルモッタン・モネ美術館
7.Petit Palais/プティパレ
8.SPOT24/スポット24
9.Musée de La Poste/郵便博物館
10.Maison de la culture du Japon à Paris/パリ日本文化会館

1.Musée du Luxembourg/リュクサンブール美術館

リュクサンブール美術館-オリンピック

より早く、より遠く、より高く…!

空力性能に優れたヘルメット、羽のように軽いメッシュ生地、浮力が高く身体が安定する水着。表彰台に上がるためには、もはや身体的なパフォーマンスだけでは十分ではありません。

2024年のパリオリンピック・パラリンピックに際し、リュクサンブール美術館ではスポーツとデザインの未来に特化した展示会「Match Design & sport – une histoire tournée vers le futur」を開催。アスリートが自分の限界を超えられるよう、デザイナーは懸命に努力し、スポーツの世界を改善し続けています。

約150点のユニークな歴史的作品や象徴的なアイコン、委託作品、図面、彫刻、映写が展示。

いったい未来のスポーツはどのようなデザインになるのでしょうか。

Informations

会期2024年3月13日 − 2024年8月11日
会場リュクサンブール美術館
住所19 Rue de Vaugirard, 75006 Paris
開館時間10:30-19:00
定休日なし ※不定休あり
料金大人15,50 € 16歳未満無料
アクセシビリティ身体の不自由な方もアクセス可能
公式サイトhttps://museeduluxembourg.fr/en

2.Monnaie de Paris/パリ造幣局博物館

パリ造幣局博物館オリンピックメダル

歴代のオリンピックのメダルを見たことがありますか?

パリ造幣局博物館では、「D’or, d’argent, de bronze. Une histoire de la médaille olympique(オリンピックのメダルの歴史)」と題した展示会が開催中。古代から現代までのオリンピックのメダルの歴史を紹介しています。

2024年パリオリンピック・パラリンピックのメダルもここ、パリ造幣局で作成されたんです!今夏はどのようなデザインのメダルが見られるのでしょうか。

展示会は子どもも楽しめるようになっており、子連れの方にもおすすめのスポットです。

Informations

会期2024年3月27日 − 2024年9月22日
会場パリ造幣局博物館
住所11 Quai de Conti, 75006 Paris
開館時間11:00-18:00 火-21:00
定休日月曜日
料金大人12€ 26歳以下無料
アクセシビリティ身体の不自由な方もアクセス可能
・赤ちゃんのオムツ替え台あり
公式サイトhttps://www.monnaiedeparis.fr/en/

3.Bercy Village/ベルシーヴィラージュ

ベルシーヴィラージュ

かつてのワイン倉庫を再利用したショッピングモール、ベルシーヴィラージュでは入場無料の写真展が開催。

航空写真を専門とするプロの写真家Édouard Salmonの「Le sport vu du ciel(空から見たスポーツ)」約30枚の写真が展示されています。

フットボールの試合、バスケットボールのコート、サーフィン、テニスの試合など私たちは新たな角度からスポーツを見ることができます。

パリ観光、ショッピングのついでに無料のアートを楽しんでみませんか?

Informations

会期2024年4月18日 − 2024年9月15日
会場ベルシーヴィラージュ
住所28 Rue François Truffaut, 75012 Paris
開館時間10:00-02:00 
定休日なし ※不定休あり
料金無料
アクセシビリティ身体の不自由な方もアクセス可能
公式サイトhttps://www.bercyvillage.com/

4.Palais de la Porte Dorée/ポルト・ドレ宮

ポルトドレ宮オリンピック

「Olympisme, une histoire du monde(オリンピック、世界の歴史)」と題された展示会がポルト・ドレ宮で開催中。

1896年のアテネ大会から2024年のパリ大会までの130年に渡るオリンピックの歴史を年代順にたどり、主要な歴史的、社会的、文化的出来事を振り返る素晴らしい機会。

現代世界を形作ってきた危機、闘争、そして大規模な戦いを通してオリンピックの物語を描いています。

約600点の作品、文書、映画、写真などが展示され、アスリートの定義、環境、オリンピックの将来について考えることができる機会です。

Informations

会期2024年4月26日 − 2024年9月8日
会場ポルト・ドレ宮
住所293 Av. Daumesnil, 75012 Paris
開館時間10:00-17:30 土日-19:00
定休日月曜日
料金大人10€ 26歳未満無料
アクセシビリティ身体の不自由な方もアクセス可能
公式サイトhttps://www.palais-portedoree.fr/en

5.Musée du Louvre/ルーヴル美術館

オリンピック

この4年に1度の特別な機会に、ルーヴル美術館でオリンピックの起源と歴史を発見しにいきませんか?

「L’Olympisme(オリンピズム展)」では近代オリンピックのために制作されたトロフィーや記念品、切手、ポスター、ポストカードなどが展示されています。スポーツの名の下に、文献学、歴史学、美術史、考古学の各分野がどのように連携してこの世界的なスポーツイベントを作り上げたかを示すものとなります。

詳細はこちらをご覧ください↓

オリンピズム展

この展示会についてより詳しく知りたいなら

オリンピック

オリンピズム展

オリンピック

Informations

会期2024年4月24日 − 2024年9月16日
会場ルーヴル美術館
住所Musée du Louvre,75001 Paris
開館時間09:00-18:00 金-21:45
定休日火曜日
料金22€ (18歳未満 無料)
アクセシビリティ身体の不自由な方もアクセス可能
(障がいをお持ちの方とその同伴者は入場無料)
公式サイトhttps://www.louvre.fr/

6.Musée Marmottan Monet/マルモッタン・モネ美術館

マルモッタン・モネ美術館

印象派好きの方にもおすすめの展示会。

パリオリンピック・パラリンピックに合わせてマルモッタン・モネ美術館では「En jeu ! Les artistes et le sport (1870-1930)」と題した展示会が開催。

ヨーロッパ、アメリカ、日本の公的および個人のコレクション160点を超える絵画、彫刻、彫刻、ポスター、素描、写真が展示されています。

印象派からキュビズムに至るまで、どのようにしてスポーツ、アスリートが主題となったのかを紹介。モネドガカイユボットトゥールーズ=ロートレックなどの芸術家がスポーツをどのように見ていたのかを作品を通して感じることができます。

Informations

会期2024年4月4日 − 2024年9月1日
会場マルモッタン・モネ美術館
住所2 Rue Louis Boilly, 75016 Paris
開館時間10:00-18:00 木-21:00
定休日月曜日
料金大人14€ 7歳以下無料
アクセシビリティ身体の不自由な方もアクセス可能
(障がいをお持ちの方は入場無料)
公式サイトhttps://www.marmottan.fr/en/

7.Petit Palais/プティ・パレ

オリンピック

入場無料の展示会!

「Le Corps en mouvement(動く身体)」と題されたこの展示会では、古代から20世紀初頭までのプティ・パレ所蔵の常設展示作品の中から厳選された50点の作品が展示。

その中にはこの機会のために特別に保管庫から取り出された作品も。

子ども向けの展示もあるのでお子さんと一緒に楽しめます。無料なので観光の節約にも◎

他にも無料の美術館に興味がある方は「パリの無料美術館10選」をご覧ください↓

パリの無料美術館10選

お得にアートを楽しみませんか?

パリ無料美術館−彫刻−プティ・パレ

パリの無料美術館10選

パリ無料美術館−彫刻−プティ・パレ

Informations

会期2024年5月15日 − 2024年11月17日
会場プティ・パレ
住所Av. Winston Churchill, 75008 Paris
開館時間10:00-18:00 金土-20:00
定休日月曜日
料金無料
アクセシビリティ身体の不自由な方もアクセス可能
公式サイトhttps://www.petitpalais.paris.fr/

8.SPOT24/スポット24

スポット24

2024年パリオリンピック・パラリンピック期間中に観光客を歓迎するため、パリの観光局はエッフェル塔のすぐ隣に、展示、カフェ、観光案内所を組み合わせたスポット24をオープンしました。

12月31日まで、オリンピックの最新6種目(スケートボード、スポーツクライミング、BMXフリースタイル、サーフィン、3X3バスケットボール、ブレイキン)に焦点を当てた展示をご覧いただけます。

Informations

会期2024年4月3日 − 2024年12月31日
会場SPOT24
住所101 Quai Jacques Chirac, 75015 Paris
開館時間09:30-18:45 
定休日なし
料金大人10€ 10歳以下無料
アクセシビリティ身体の不自由な方もアクセス可能
(障がいをお持ちの方とその同伴者は入場無料)
公式サイトhttps://parisjetaime.com/spot24

9.Musée de La Poste/郵便博物館

郵便博物館オリンピック

42.195 km、この数字はマラソンスポーツイベントのランナーが走らなければならない距離。

2024年パリオリンピック・パラリンピックを記念して、郵便博物館では「マラソン、メッセンジャーのレース」展を開催。

その主題は、1896年にアテネで開催された最初の近代オリンピック、ミシェル・ブレアルによって考案されたスポーツイベントであるマラソン。

展示作品には、映画の抜粋、ポスター、新聞、スポーツ・オブジェ、コミックなど160点もの作品が。

マラトンの戦いでギリシャの勝利をアテネ人に告げたフィリピデスと郵便配達員の間にはどんなつながりがあるのでしょうか?

スポーツランナーと郵便配達員の類似点を描きながら、レースのさまざまな側面とそれが伝えるメッセージを探ります。

Informations

会期2024年5月15日 − 2024年9月15日
会場郵便博物館
住所34 Bd de Vaugirard, 75015 Paris
開館時間11:00-18:00 
定休日火曜日
料金大人9€  26歳以下無料
アクセシビリティ身体の不自由な方もアクセス可能
(障がいをお持ちの方は入場無料)
公式サイトhttps://www.museedelaposte.fr/fr

10.Maison de la culture du Japon à Paris/パリ日本文化会館

日本文化会館

2020年の東京大会から、2024年パリ大会へ。

パリ日本文化会館では「丹下健三 – 隈研吾 東京大会の建築家たち」と題した、無料の展示会が開催中。

丹下健三氏と隈研吾氏は、1964年と2020年の東京オリンピック (2021年に延期) のために建設されたスポーツインフラ、国立代々木競技場と国立競技場の生みの親。

パリにいながら、2人の偉大な建築家のキャリアにおける業績、今日の日本の建築に与えた影響、彼らの魅力を再発見する素晴らしい機会です。

Informations

会期2024年5月2日 − 2024年6月29日
会場パリ日本文化会館
住所101 bis Quai Jacques Chirac, 75015 Paris
開館時間11:00-19:00 
定休日日 月
料金無料
アクセシビリティ身体の不自由な方もアクセス可能
公式サイトhttps://www.mcjp.fr/ja

ほかの記事を読みませんか?

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

上部へスクロール